俳優の萩原健一さん、68歳で死去=「傷だらけの天使」など出演

この記事は約3分で読めます。

以前このブログでも、少しだけ書いたことがありました。

NHKドラマ「不惑のスクラム」全7話を見終えて
(以下敬称略)引用元:Amazon飾らぬストーリーハッピーエンドで終わらず、現実的にあり得る終わり方。全話共通して言えるのは、ストーリーに無理がない。「オッサン」達が週末ラグビーで汗を流し、中華屋で酒を飲む。さしてくど...

青春時代

「ザ・テンプターズ」「太陽にほえろ」「傷だらけの天使」「前略おふくろ様」、特に印象深いのは何と言っても「傷だらけの天使」。毎週土曜日10時からの放映だったが、翌月曜日級友との最初の会話は必ずと言ってよいほど

管理人
管理人

あれ観たか?

だったなぁ。

とにかくのっけから驚かされる。いきなりむくっと起き上がって、冷蔵庫の中の食べ物を探し、牛乳をおもむろに口に入れる。その開け方も何とも格好良かった。口だけで開けるのだが、当時よく真似をして牛乳を床にこぼしまくったのを覚えている。(笑)

享年68才。私より7才年上ですから、若い時は少し年の離れたかっこいい兄貴だった。常に憧れていた。

思えば小学校高学年の時グループ・サウンズのリード・ヴォーカルとして活躍を目の当たりにして以来、中学生の時は「太陽にほえろ」、そして高校生の時は「傷だらけの天使」「前略おふくろ様」と青春時代はこの人無くしては語れないほど、我々世代に非常に影響力のある人だった。

ショーケンの由来

萩原健一氏はどうしてショーケンと呼ばれるようになったのか?そんなこと考えたこともなかった。ショーケンはショーケンでしょう。

デビュー前によく遊びに行っていた東京・六本木のクラブに集う仲間の中に、「ケン」とつく本名の男が3人いた。仲間や周囲が3人を呼び分けるため、体が大きい順に「ダイケン」「チュウケン」と付け、中でも一番小柄だった萩原さんが「ショーケン」と呼ばれたことがきっかけのようだ。

引用:愛称「ショーケン」の由来、仲間の“ケン”の中で一番小柄だったから – 芸能社会 – SANSPO.COM(サンスポ)

らしいです。今日初めて知った。

波乱万丈

そんなショーケンも「前略おふくろ様」後、色んな不祥事を起こしてすっかり芸能界の「不良分子」として扱いを受けたけど、歳を重ねるごとに渋くなっていく姿は何とも言えなかった。

去年NHKで放映された「不惑のスクラム」を観たのが最後になってしまったけど、この時の演技も役柄にぴったりで渋い演技だったしね。想えば「傷だらけの天使」で弟分役の水谷豊氏とは、その後の活躍ではっきりと差がついてしまったけど、水谷豊氏はどんなコメントをするのだろう?

「コンプライアンス」とやらが今の世の中に存在する以上、ショーケンのようなやんちゃな俳優はもう出てこないのかもしれない。寂しいとしか言いようがない。

合掌…

コメント

タイトルとURLをコピーしました